読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガ喫茶で10年働いた男のマンガ紹介blog

読んできた大量のマンガをただひたすら紹介してくだけのblogです

小学館その4

はいどうもレッドです

 

 

正直3で終わらせる予定だったのですが、少し時間があったので4を書きます。

 

 

 

・マギ

現在も連載中の人気作ですね。

時代設定としては電話や車がないぐらいだったのですが、最近少し変わりましたね。

 

ずっと読んでいなかったのですが、パズドラでコラボがきたので読んでみました。

 

ファンタジーものとしては中々面白いのではないでしょうか

バトルも含むこういったマンガには魅力的な悪役やライバルが必要だと考えているのですが、未知数なところも含めシンドバットは良い味出してますね

 

そういった意味では本編よりもスピンオフのシンドバットの冒険の方もオススメしたい。

 

シンドバットと仲間達との出会いを見てから本編を見返しても良いですよ~

 

 

アリババはあまり好きではありませんw

 

 

 

 

 

最上の命医

タイトルから察することが出きる通り医療マンガです。

このマンガでは主人公は天才的な医者である最上命(さいじょうみこと)なのですが、実はこれ次作のスピンオフだそうです。

次作で登場予定の最上命がどんな人物であったかを解ってもらう為に書いていたと作者の方があとがきかなんかで仰っていました。

 

少年誌にしては医龍やその他の医療マンガのように少し嫌な展開であったり暗い話が多めかなと思います。

 

医療マンガが好きなら確実に読んで欲しい作品ですが、そうでないなら次の作品を見てからでも良いかと思います。

 

 

最上の明医 ザキングオブニート

そうなんです、ニートが医者を目指す目指すんです。

というのは少し冗談で、高校にろくにいかない主人公がなんやかんやあって医者を目刺し医大に進学します。

 

医大生を描くマンガ自体は珍しくないのですが、高校からスタートし医大生生活と国家試験を描き、研修医から研修が終わるまでを書いたマンガはこれだけですねー

 

 

前作の最上の命医と同じく、絵はまさに少年誌のそれですが医療マンガらしく残酷な描写も多くあります。

 

反面ギャグ要素が増えラブコメ医療マンガと言っても差し支えないほどなので、どちらかを読むならまずはこちらをオススメします。

 

 

 

 

 

 

いでじゅう

正式名称は井出なんちゃら高校柔道部だったと思います。こち亀的なタイトルですね。

 

簡単にいうと柔道部版のスケットダンスかな

 

 

笑いあり涙ありはちゃめちゃ展開ありシリアスありといったところ。

 

思い返せば思い返す程スケットダンスに近いですね(いでじゅうの方が全然古いのですがw)

 

スケットダンスとか高校部活青春日常ものがすきな人は是非ご覧下さい。15巻ぐいまでだったと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はいというわけで今回は以上になります。

いでじゅうはとっくに本棚にないのですが、はっきり覚えていたので書いてみました。

すごく面白い!というわけではありませんが、ほのぼのする良いマンガでした。

 

これで小学館は終了し次回から秋田書店になりますが、そもそも本棚見てみると数が少ないようです。

2回ぐらいで終わりそうですがしっかり書いていきたいと思いまーす

 

 

 

ではまた!