読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガ喫茶で10年働いた男のマンガ紹介blog

読んできた大量のマンガをただひたすら紹介してくだけのblogです

巨匠コーナー的なやつ

はいどうも!この時期に「寒い寒い」と連呼している奴は「冬初体験なの?バカなの?」と感じますレッドです。

 

3週間ほど空きましたがまた書いていきます。週1ペースになると思います。

 

今回のカテゴリーはよくわかりません、本棚にある順なのです

 

 

 

・静かなるドン

昼間は下着会社でパンティーを作り、夜はヤクザの親分という男の奮闘記。

 

完全なヤクザ系のドンパチ漫画かと思っていましたが、結構ギャグ要素もあり気軽に楽しめるんです

特にギャグ要因である生倉(なまくら)は良いキャラしてます

自称「卑劣知性体」であり自分の立場を守る、金を稼ぐ為ならどんな汚いことでもする最低な人間です

 

周りからも「日本一ケンカの弱いヤクザ」と悪口のようなある意味称賛のような言われようです

 

大筋はヤクザマンガではありますが、ギャグマンガとしても楽しめる一粒で二度おいしい的な良マンガです

110巻ぐらいありますw(勿論すべて読破)

 

 

 

最強伝説黒沢

アカギ、カイジで有名な福本さんのギャンブルでないマンガですね

 

黒沢という一人の男の生き様を描いている、といった感じですが初めはとてもせつなーいシーンが多くありますw

 

一人居酒屋は未経験ですが、40越えたら出来るのかなぁ…

 

福本節は健在なのでカイジやアカギ好きな方には勿論、麻雀とかギャンブルよくわからなくてちょっと…という方にもオススメとなっております

 

また、現在は新最強伝説黒沢としてビッグコミックオリジナルで連載中です、旧シリーズの続編としてまた黒沢が大活躍??していますので是非チェックしましょう

 

 

 

・インベスターZ

 

モーニングで連載中。簡単に言えば投資のお話。インベスターはまんま投資家という意味ですzはしらん

 

これで株について学んでいます(実践する予定はない)

 

この作者である三田さんは色々書いていらっしゃいますが、タイトル毎に明確にテーマが決まっているのが特徴ですね

 

 

ドラゴン桜

三田さんといえばこれですね、テーマは受験。

「東大は簡単だ!」の表紙で多くの人を釣ったことでしょう

 

各教化の勉強法や指導法、受験の攻略やコツはとても勉強になります

 

誰もが読んで楽しめるマンガではないかもしれませんが個人的にはかなり好きなマンガです

ドラマはサエコの全盛期

 

 

 

・砂の栄冠

テーマは高校野球

基本的には野球マンガですが、そこは三田さん普通の高校野球は描きません。

 

物凄く雑にいうと金でチームを強くしていきます。

金でといっても設備や指導者を、ですよ

 

心理描写も高校野球のそれではなく、それ言っちゃう?みたいなシーンも多くあります。

 

高校野球マンガという意味では邪道かと思いますが、甲子園についてはかなり丁寧に描かれていると思いますので、普通の野球マンガ好きな方にもオススメできます

 

が、野球好きよりも三田さん好きに是非読んでほしいですかね

 

 

 

 

・マネーの拳

元プロボクサーが起業して頑張るお話。

テーマは会社とか起業かな

 

他作品と比べると少し雑というかまぁ平たく言えばあんま面白くない

 

 

 

 

エンゼルバンク

ドラゴン桜の続編ですが主役が代わり先生に。

そしてテーマは転職

 

ドラマでいうと長谷川京子が演じていた英語の先生が学校を辞め、転職斡旋業を行っていくお話。

 

転職が有り得ない、という方は中々いないと思います。

どこまで実践で使えるかわかりませんが、読んでおいて損はない気がしますねー

 

 

以上三田さん作品でした!

一般的に受けそうなのは砂の栄冠なのかなと

でもオススメはエンゼルバンクです

 

 

サラリーマン金太郎

ドラマは全く見たことありませんがマンガは全て読破しています。

元暴走族の総長がとあるキッカケで建設会社のサラリーマンになります

 

初めはかなり突飛な展開も多く、詰まらなさそうだとおもいましたが金太郎は段々と全うなサラリーマン化し、バリバリ仕事をこなすようになります。

 

同じく建設会社勤務、それでなくても所謂普通のサラリーマンの方にはある意味勉強になる内容なのかとも思います

 

自分はあまり普通のサラリーマンではないので、憧れとかこういう世界もあるんだなぁ的な目で見ていますw

ただ基本的には真面目な話のみなのでそこは注意。

 

ちょっと前新シリーズが始まって50歳にして平社員として電力会社に入社しています

 

 

島耕作シリーズ

ウッチャン曰くサラリーマンにバイブル(内Pで言ってた)

シリーズはめちゃくちゃ多く、課長やら部長やら専務やら社長やら学生なんてのもあります(勿論全て読破)

 

紹介する順番の関係でこういう言い方になってしまいますが、真面目な仕事の話が多いという点でサラリーマン金太郎そっくりですw

違いとしては島は有名大卒のエリートビジネスマンであり、体を張るといった共通点もありますが島は性的な意味でですねw

 

金太郎の失脚や失敗の原因はケンカ関係が多く、島はやはり女関係が多いw

 

でもビジネス的な意味で勉強になるのは島耕作シリーズでしょうね、参考にならない、できないことも多くありますがw

 

個人的には島耕作の方がオススメですね、むしろかなり好きです

TOP30…かなぁ

 

 

ちなみに20歳ぐらいで読んだ時はすぐ挫折しましたが、27歳ぐらいの時はえらくはまりました。

20代後半とかでないと楽しめないかなとは思いますので注意。

 

また時間軸としては当然学生からになりますが、発売順で課長編から読んで社長になる前ぐらいで学生と係長にいきましょう

 

懐かしい人物等が出てくるのでよりいっそう楽しめます

 

あとそうだ、ベッドシーンはよく出てきますが作中で美人と言われる人でも基本アレなのでエロ要素は期待しないように

むしろグロ注意 

 

 

 

ドカベンシリーズ

柔道編、甲子園編、プロ編、スーパースターズ編、ドリームトーナメント編とあります

 

個人的にはプロ≒甲子園>>柔道>>>スーパースターズ>>>>>ドリームトーナメントです

 

ドリームトーナメント編は水島作品のキャラが一気に出て来るためお祭り感はありますが、ごっちゃごちゃで読みにくくプロ野球編の良さが失われてしまったとしか思えません。

 

スーパースターズ編ははじめの設定はとてもよかったのですが、昔のキャラに頼りすぎですね。義経弁慶と中西一球だけでよかったw

あと微笑の出番なくし過ぎw

 

 

プロ編の5年目ぐらいまでが良かった、オールスターもそれこそお祭り感がとても良かった。

というわけで甲子園編とプロ編だけオススメ

ちなみにどっちから読んでも楽しめます、自分はプロ編が先でした

 

 

 

 

はいというわけで巨匠シリーズ?でした

 

なんか他にも色々ありますが書きたいのはこれぐらいです

 

 

 

次からは連載中シリーズにいこうかなと!

覚えてなくて被ってしまうものも出て来るかもしれませんがまぁ別に良いでしょう

 

ではまた来週!